東京の美容専門学校、美容学校なら東京文化美容専門学校
東京 美容専門学校・美容学校HOME校長メッセージアクセスQ&Aお問い合せ

資料請求
体験入学


コース・カリキュラム

昼間部

夜間部

通信部

カリキュラム詳細

学費 (昼間部・夜間部)

学費 (通信課程)

資格取得一覧表

施設紹介

東京 美容専門学校 施設紹介

体験入学レポート

体験入学に潜入!

日程 (スケジュール)

体験入学参加者の声

イベント

レポート

募集要項

昼間部

夜間部

通信部

国家資格取得まで

美容師国家資格取得まで

留学生のためのページ

留学生のためのページ

学生寮

学生寮

東京文化情報

在校生出身校一覧

就職ガイド

先輩美容師にインタビュー






コースカリキュラム(通信部)

通信部のコース・カリキュラムに関する情報をお知らせします。
ご不明な点は入学相談室(TEL:0120-860-518まで
より詳しい情報は、資料をご覧ください、お電話・資料請求フォームでいますぐ請求

設置課程

通 信 部
国家試験課題である、学科と実技を行います。学科では日本理容美容教育センターからのテキストが自宅に送られて、教材により自宅学習を行い、報告課題をまとめて添削指導を受けます。 また,実技に関しては実技授業(スクーリング)を本校にて(原則として夏季・冬季の2回)受講します。

特色

働きながら、ダブルスクールでも学習可能。社会人の方でも免許を目指せます
毎日の通学が難しい方でも、自分のペースで学べるメリット
学習計画に基づいた教本にて学習を行います、丁寧なスクーリング指導を実施

カリキュラム

必修科目


関係法規・制度
美容師の業務に関係の深い法令・制度の意義と内容、公衆衛生を担う美容師の社会的責任や職業理論等を学ぶ
衛生管理
美容室における衛生管理、特に感染症に対応するための消毒の意義や目的を学ぶ
美容保健
皮膚や毛髪の人体的組織の構造、機能に関する科学的・系統的知識を美容技術と関連させながら学ぶ
美容の物理・化学
美容機器、香粧品を正しく取り扱う上で必要な物理・化学の知識を学ぶ
美容文化論
美容の基礎となる美的感覚と表現力を養うため、デザイン、服飾などについてを学ぶ
美容技術理論
美容器具の正しい取り扱い方法と美容の基礎的技術を実際の作業に即して学ぶ
美容運営管理
マーケティング、経営管理、労働管理の基本的理念、接客法・消費者対応の基本的事項を学び実践能力を習得する。
美容実習  *注
基本的技術を身につけ、これらの基本的操作を組み合わせ、調和の取れた美容技術を完成させ総合的な技術を学ぶ
美容実習例 *注
ワインディング オールウェーブ
セッティング
カット ローラーカール
セッティング
シャンプー